綱島西一丁目公園はどんな公園?かくれんぼの隠れ場所探してみた

綱島西一丁目公園子供と暮らす

綱島駅近の綱島西一丁目でありながら、めちゃくちゃ閑静な住宅街の中にひっそりとたたずむ

綱島西一丁目公園

 

とってもさりげなく丘の上にぽつんと存在する公園なので、綱島エリアにお住まいの方でも行ったことないというご家庭もまあまああるのではないでしょうか。

 

そんな綱島西一丁目がどんな公園なのか、さらにこの小さな公園で

「お父さん、かくれんぼしよー!」

と無理難題をつきつけられた場合の隠れ場所候補を織り交ぜて解説しました。

▼綱島エリアの公園マップ(遊具一覧)はこちら

綱島の公園マップ|遊具や場所全まとめ!【人気やおすすめは】
綱島周辺の公園を網羅した公園マップを作りました!遊具の情報も写真つきで解説。「公園」として登録されている場所以外にも色々遊べる場所がありますよ。いつもの公園の遊具に飽きたら、別の遊び場に出かけてみてはいかがでしょうか◎

▼綱島西一丁目公園の基本データをサクッと見たい方

綱島西一丁目公園の遊具など基本情報
綱島西一丁目公園の場所やアクセス、遊具やその他施設など。公園の基本情報をまとめました!
スポンサードリンク

綱島西一丁目公園の立地と雰囲気

綱島西一丁目公園。

私自身、子供が保育園のお散歩で行くことがあるということで、子供から教えてもらったのですが、普段用事がない場所なもんで、教えてもらうまで全然こんなところに公園があるなんて意識していなかった!

 

場所的にはここです

綱島って、駅から綱島公園方向に山になっていて・・・公園坂とバス通りに囲まれた部分が全部山?丘?になっているというか。

 

その丘の頂上付近にある感じの公園ですね。

綱島西1丁目公園入口

空が近い!というのは言い過ぎか。

 

しかし、綱島にいると周りに建物とかあってゴミゴミしてる感がどうしてもある中、こちらの綱島西一丁目公園近辺はそういう雰囲気が全然ないです。

 

見上げると空、向こうの方に綱島台の山だけという爽快感。

 

周辺の施設と言えば、一般の住宅か、もしくは、認可保育園である第二尚花愛児園です。

第2尚花愛児園

この「丘の上の」感。急坂の証である、〇〇〇〇〇〇・・・の坂の上となっています。

※この写真左側が綱島西一丁目公園の敷地

 

あとはやたらと広い月極の駐車場が広がっているくらいで、保育園開園中はそれなりに子供の声はあるとしても、土日ともなると閑静きわまりない区域となっています。人通りも車通りもこの辺りにしては非常に少ない。

 

綱島西一丁目公園の魅力はそんな閑静さと穴場感じゃないかな~と個人的に思っております!

 

実は「綱島地区センター」の坂の上にあって繁華街方向からもアクセスしやすい立地なんですけどね。

綱島西一丁目公園へのアクセスは3方向

というわけで綱島西一丁目公園の場所はだいたいわかったとして、アクセスするならどこから?ってとこなんですが・・・

 

丘の上ということでふもとの3方向から登ってくることができます。

 

1つめは先ほども触れた、綱島地区センターの坂をさらに上るルート。

ストリートビュー画像右手が綱島地区センター。で地区センターに沿って坂を登って道なりに行って左方向に曲がれる角2つ目を左折(奥に第二尚花愛児園の建物が見える)すると公園に到着。

 

 

もう一つは綱島台方向の公園坂から登ってくるルート。

この角を右折して坂を登る。

 

最後は、綱島駅~綱島公園の坂の途中にある階段を上って住宅街をすり抜ける近道ルート。

この階段ですね(もう少し先の角を左折でも可)

しかしこちら、googleマップが対応していない小道、かつ完全に私道経由となりまして・・・万が一近隣の方のご迷惑になるといけないので、ヒントとなる画像の掲載にとどめておこうと思いますw

綱島西一丁目までの私道

これは知らずに通る気になかなかならない道(;´∀`)

もし通る際は、近隣の方のご迷惑にならないように静かに通り抜けしてください。

あ、もちろん車などは通行不可な道です。

綱島西一丁目公園でかくれんぼの隠れ場所はあるのか!

綱島西一丁目は非常にさりげない公園でしてこんな感じ

綱島西1丁目公園入口

 

遊具もスタンダードで

綱島西1丁目公園ブランコ

ブランコ4台

ブランコに

 

綱島西1丁目公園遊具滑り台

標準的な滑り台

すべり台

 

綱島西1丁目公園砂場

丸い砂場

砂場

以上の3点セット。

 

そんなこじんまりとした公園ですが、我が家の子ども達から外遊び時に結構な確率で打診される遊び

_人人人人人人人_
> かくれんぼ  <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

この公園でも親としてこの難題に対応しなければなりません。

 

ということで隠れる場所はあるのか?というところを検証してみました。

※隠れ場所によっては多少の身体的または精神的ダメージを得る場合もありますので各自自己責任でお願いしますw

 

スポンサードリンク

まずはこちら

綱島西一丁目公園

砂場の横にある倉庫、こちらの裏というのがもっともスタンダードな隠れ場所として考えられます

倉庫の裏はわりと広いので、大きな体のお父さんでも割と隠れやすいでしょう。

 

しかしスタンダードすぎてあっさりと見つかる確率が高いのが難点です。また、公園外側から丸見えの場所となりますので、通行人の視線は刺さる可能性大です。

 

次にこちら・・・

綱島西一丁目公園

この茂みの裏は使える。

 

柵と茂みとの間は結構スペースがありますね

綱島西一丁目公園

なんならちょっとした通路になっている感じ

こちらも大きな大人が入っても余裕のスペースがあります。難点は外側からちょっと透けて見える。あまり派手な色合いの洋服だとあっさりとみつかる可能性が高いですね。

 

公園外側から見ると

綱島西一丁目公園

この端っこあたりにもスペースあるので身をひそめることが可能。しかしうっかり外から人に見られるというリスクについてはあらかじめご認識ください。

 

 

もう少し難易度を上げた隠れ場所がこちら

綱島西一丁目公園

ブランコ側の公園の端っこの茂み

 

左側に身をひそめるスペースが・・・・

 

こちら、ちょっとスペースが浅めなので、はみ出してしまうと容易に見破られます。茂みにグイっと入る勇気が必要かと。

 

 

そのすぐ近くになぜか人の立ち入った形跡のあるこちら

綱島西一丁目公園

さすがに無理か・・・うさぎくらいの大きさじゃないと入っていけないですね。

 

ネタ切れになったらここに小さくしゃがんでおくというのはいかがでしょうか。

 

 

あとはここ

綱島西一丁目公園

砂場奥の階段

これは公園の外なのか?公園の中ということでOKとしましょう。

 

砂場横のベンチの下とか

綱島西一丁目公園

無理か・・・しかしそこまでやれば子供と全力で遊んでる感あり(子供の満足感↑)

 

綱島西一丁目公園

公園入口のところに挟まる。アイデアとしてはありですが大人の大きさでできるかは勇気次第です

 

水道の裏とか

綱島西一丁目公園

うーーーん

ギブアップですね!!!!

 

 

いや・・・まだある・・・!!

綱島西一丁目公園

こういう木の上!!!

かくれんぼって地面の上にいるでしょっていう先入観を欺いて、上の方にいると結構みつからないとか聞いたことある!!(重量オーバーなど個々のケースで危険性には十分お気を付けください)

 

・・・ということで

綱島西一丁目公園のかくれんぼ、隠れ場所はほとんどが茂み頼りとなりました。

 

できるだけ目立たないお洋服(迷彩柄推奨)で行くのがおすすめかもしれません。

綱島西一丁目公園の基本データとまとめ

非常に静かな環境にたたずむ綱島西一丁目公園。

規模自体はこじんまりしたものですが、とても静かな環境なので大人も癒されるかも?

お隣の第二尚花愛児園の子供たちにとってはおなじみの公園かもしれませんが、そうでなければあまり遊びにつれて行ったことのない方も多いかなと思います。

気分転換に一度足を運んでみてはいかがでしょうか(*´▽`*)

遊具等すべり台・ブランコ・砂場
トイレなし
水飲み場あり
ベンチあり
駐車場なし
面積683平方メートル
住所横浜市港北区綱島西一丁目16
アクセス
公式サイト綱島西一丁目公園(横浜市公式)
スポンサードリンク
FOLLOW
この記事が気に入ったら
フォローしよう
この記事を書いた人

綱島地域ブログ「ツナシマニア」を運営するナツメです。東急東横線綱島駅周辺に居住。

「家族で住む&楽しめる綱島」をテーマに書いています。

プロフィール詳細は「ナツメ」をクリックして頂くとご覧になれます!


Twitterで更新通知届きます♪
Please follow me!

ナツメをフォローする
子供と暮らす
ナツメをフォローする
ツナシマニア

コメントを送る 質問・口コミ何でも歓迎◎