綱島下田商店でランチかつ丼持ち帰りしたら想像以上にデカ盛りだった件

綱島下田商店ランチテイクアウトグルメ

綱島駅近くにある立ち飲み屋さん

下田商店

綱島下田商店

昼からやってて夕方からはいつも賑わっている駅前立ち呑み屋さん。

 

こちらにいつ頃からだったか?

綱島下田商店ランチ

こんな立て看板が立つようになって久しいです。

 

デカ盛り好きな男女が気になるラインナップ「肉」な感じに

「お持ち帰り出来ます」

の案内・・・

 

私もそうだったんですが、結構気になっていつつも、まだ買ってみるに至っていない!という方も多いのではないかと思いまして。

このたびがっつり胃袋女性代表として、ランチのテイクアウトに挑んでまいりました。

スポンサードリンク

綱島の下田商店でランチにカツ丼買ったらとんでもないデカ盛りだった件

女性でもデカ盛り好きな人って実は意外といますよね・・・?

 

私も、ママ会などの場面においてはしおらしくサラダや生ハムなども食べておりますがね。

実際にはそんなもんでは(いや生ハムもサラダも大好きだけどさ)腹は膨れん。

 

シメのご飯もの最初から持ってこい!

というがっつり派中年女子(←)なわけですが。

 

そんなデカ盛り大好きお替り上等派にとって長らく気になっていたこちらの看板。

綱島下田商店ランチ

駅前の立ち飲み居酒屋 下田商店さん

  • わらじたれかつ丼 五〇〇
  • わらじかつカレー 六〇〇
  • 天丼 五〇〇

「お持ち帰り出来ます」

(達筆)

 

「わ・ら・じ」が強調されているあたりに、客に事前の覚悟を促す感じが出ています。

 

カツカレーというとまあカレー屋さんでも700円はくだらないメニューですが

「わらじかつ」とカレーとのコラボで600円と。

さらにカツ丼だとワンコインの500円。。

 

これは非常に気になります。

 

 

結構目立つ看板なので、気になっていた方他にもいるんじゃないかな~と思うんですが

 

ただこの「いかにも立ち飲み屋さん」っていうたたずまいにより、入るのを躊躇している女性もいるんじゃないかなって思うんですよね。

 

 

というわけで、このたび店内がどんな様子か、女性でも入っていきやすい雰囲気なのか含めて、現場よりお伝えします(‘Д’)

 

 

まず店内に入るとこんな感じ

綱島下田商店

(中から出口方面に向いて撮影した感じ)

※ランチテイクアウトで入った日はお客さんが多かったので、別の日に飲みに入った時の写真を参考に載せてます

 

立ち飲みやさんなのでカウンターや立食用のテーブルが2台ほど。

 

で、奥にお会計カウンターがあります

綱島下田商店

左側のビールサーバーがあるあたりがレジ。

 

飲む場合、こちらのレジに基本セルフサービスのおつまみなど持ってきてお会計するんですが

テイクアウトの場合も同様にこちらで「持ち帰り」で注文します。

 

今回は看板メニューかな、と思った

「わらじたれかつ丼」

を注文してみることにしました。

 

現金またはpaypayでも支払い可能です。

 

この日は平日の昼12時過ぎくらいでしたが、昼飲みしているおじさまたちが3人ほど店内にいらっしゃいました。

女性で飲んでる人はいなかった~いかにも立ち飲み好きそうな男性3名って感じでした(;´∀`)

 

女性店員さんにレジで注文を終え、オーダーした品物ができあがるまではこちらの

綱島下田商店

レジ横の一角で待つのがおすすめ。

(お水出してくれた♪)

 

こちら先ほどの店内スペースとは別で、ちょっと個室っぽくなってます。

綱島下田商店

レジの方を見るとこんな感じ

 

のれんがかかっていて、店内奥、おつまみのショーケースなんかから遠いので、空いている時間帯はここで飲んでる人あんまりいないんじゃないかな?

 

てことで酒の入っていないテイクアウト待ちにはこちらのスペースがおすすめ。

テレビもついているよ。

 

 

レジ裏の厨房の声もちょいちょい聞こえるんですが

注文を受けてから作ってくれているようですね・・・!

 

他のお客さんの入りにもよるかもしれませんが、私の場合は10分ちょっとの待ち時間となりました。

(ショーケースのレジ側横にお皿下げる台があるので、お水出してもらったら帰りはそちらに返却を推奨です)

スポンサードリンク

下田商店のわらじたれかつ丼の全貌はこちら

思いのほかずっしりとしたわらじたれかつ丼の入ったビニール袋。

 

なんなら隣のハナマサで買ったキャベツの袋と同じ重さなんじゃないか?

 

そんな感想を持ちながら帰宅。

 

開けてみた

下田商店のわらじたれかつ丼大きさ

一言で言うと、やばい。

これはやばい大きさ。

 

持ち帰ってる時からそんな気はしていたものの、予想以上の半径および重量感。

横にペットボトルを置いたので若干想像できると思うけれど、お面かよって大きさですね。

 

横からのアングル

下田商店わらじたれかつ丼テイクアウト

なんなら分厚さもあるから蓋閉まってないから。

セロテープで留まってるだけだから。

 

下田商店かつ丼

あらためて見てみた。でかいね。

 

蓋してた時はよく見えてなかったけど、なんということでしょう

綱島下田商店わらじたれかつ丼ボリューム

2枚重なってました。

 

正確には、どんぶりに入りきらないから半分に切って重なって入っているようですね。

 

食べてみようとしたけど

下田商店わらじたれかつ丼

おお・・・

重いな。。

ずしぃぃっっ・・・

 

ちょっと気になって重さ計ってみたんですが

綱島下田商店わらじたれかつ丼重さ

1食892gでした。

 

オーマイガー

 

(プラスチック容器の重さは除いていませんが、もはや誤差で)

 

 

カツをどかしてみた

 

綱島下田商店わらじたれかつ丼のご飯

ご飯は上のカツにくらべたら薄めの配置、3分の1はキャベツだからいけそうか・・・?

 

ちなみにご飯も計ってみたけど400gでした。

これだけでも結構な状態。

 

綱島下田商店かつ丼の厚み

カツはこんな感じの厚みなんですが、衣が結構厚めかな・・・

 

衣:肉:衣=1:1:1

って感じ。

 

大きいお肉を薄くたたいてカツにしてわらじを再現しているんですね。

 

ここでようやく一口カツを食べてみると・・・・

 

おお。中々にソースの味付け美味しい。

衣ぶあつめといいつつ、それによってサクサク感が出ている。

 

スナッキー&ジャンクな美味しさが感じられるカツ。。

 

 

サクサク・・・

 

サクサク・・・

 

サクサク・・・

 

・・・。

 

 

うん。

なくならない。

 

 

堂々のデカ盛り具合。

女性としては胃袋に自信のある不詳わたくし

ですが

綱島下田商店ランチデカ盛り具合

(食べかけスミマセン)

 

半分でギブアップとなりました。。。

 

(後でスタッフ夫が美味しくいただきました)

 

これ以上、一口でも食べたら胃もたれで寝込む事態になったことでしょう・・・

それくらい、物理的にこれ以上胃袋に入っていきませんでした・・・

 

正真正銘のデカ盛りでした。

 

男性でも小食の方は要注意なレベルですね!!

逆にデカ盛りをお求めの方には文句ない重量感だと思う!!!

「わ・ら・じ」に注意を促してたお店の看板に納得!!!

 

天丼(500円)もこの調子なんだろうか・・・気になる・・・

しかしもはや勇気が出ないレベル・・・w

 

とりあえず

ワンコインでお腹いっぱいいただきました(*´▽`*)ゲフ

ごちそうさまでした~

立ち呑み 下田商店 基本情報

★たちのみ しもだしょうてん

★食べログ:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140204/14078145/

★住所:神奈川県横浜市港北区綱島西1丁目6−4

★営業時間:12:00~0:00

★定休日:年中無休

スポンサードリンク
この記事を書いた人

東急東横線綱島駅周辺に移り住んで約10年、3児の働く母。

綱島に友達が特別多いわけではないけれど、コネのあるお店があるわけでもないけれど。そんな私でも毎日の綱島生活をちょっと楽しく!を探してブログに綴っています。

地元っ子御用達っぽいお店に思い切って突入したり、子供と遊べる場所をあちこち探したり。

プロフィール詳細は「ナツメ」をクリックして頂くとご覧になれます!


Twitterもやってます♪
Please follow me!

ナツメをフォローする
グルメ
ナツメをフォローする
ツナシマニア

コメント ※承認制のため反映までお待ちください◎

タイトルとURLをコピーしました